事業立ち上げのためにカードローンで初めて借金をしました

30代男性、元会社員です。新たに事業を立ち上げるため、資金を調達することになりました。規模が小さく、個人資産もたかが知れているので、政府や銀行からの借り入れはあまり期待できません。

そこで私が利用したのは、オリックスのカードローンでした

といっても種類が様々あり、私はVIPローンビジネスという、個人事業主にメリットのあるカードローンを選択しました。年収の三分の一を超える借り入れが可能という点、つまり総量規制がないということが、最も魅力的でした。

融資希望額は300万円。ウェブで審査を申し込み、必要書類を提出しました。審査結果は一時間後には届き、無事に通過しました。ここで安堵の息を一つ。だめだったらどうしようかと考えていたのです。そうなれば、全てのプランを根本から見直す必要があったでしょう。

あとはカードが郵送されてくるのを待つばかりでした。あまり簡単に融資を受けられるとありがたみが感じられないので、これくらいの手間があった方が、個人的には信用ができます。もちろん、他のカードローンを信用できないというわけではありませんが。

こうして、私の事業はスタートしました。正直、まだまだ軌道には乗りません。ゆえに、返済も滞ったまま。金利はやはり気になってしまいますが、それが原因で焦っても仕様がありません。

おそらくですが、またキャッシングを利用することになると思います。見通しが甘かったのか、資金が足りなくなってきているので。もう一度審査を通す必要はありません。

カードを使えば、いつでもどこでも資金を調達することが可能

これもまた、オリックスのカードローンを選んだ理由です。いちいち伺いを立てて資金を調達していては、いざという時に困ってしまいます。借りやすいということは同時にデメリットにもなり得ますが、その辺りはきちんと計画を立てれば問題ないでしょう。

成功するかどうかは不透明ですが、カードローンによってチャンスを創出できたのは事実です。お金を生むための事業を行うには、まずそれ相応のお金がなければならないというのは、どうにも本末転倒な気がしてなりません。

ある程度の収入はどうしても必要ですが、でも逆に言えば、その条件さえクリアできれば、誰でもチャンスを得られるということになります。カードローンは、チャンスが転がってくるのを待つのではなく、自ら創り出す人にこそ、利用して欲しいサービス、私はそう思います。