事故物件からいち早く引っ越すためにカードローンで即日融資を利用

その家がいわゆる事故物件だと知ったのは、住み始めて数ヶ月後のことでした。26歳、男、職業は会社員です。奇妙な雰囲気は確かに感じていたものの、家賃も適正価格でしたし、何より急いで引っ越さなければならない理由があり、結局私は、その家を新居に決めたのでした。

しかし、詳細は説明しませんが、その家が何かおかしいという確信を得た私は、すぐに引っ越しを決意しました。このままだと、何かしらの支障が出てしまう恐れがあるという判断をするに至ったのです。

とはいえ、引っ越ししたてということもあり、資金が全く確保できません。出ようにも出られない、私はそんな状況に身を置く羽目になりました。けれども、寝不足による心身の負担が溜まっていく現状に、そんなことは言ってもいられなくなり、

引っ越し資金捻出のため、カードローンを利用することを決意しました

利用したのは、何度かテレビのCMで見かけたことがあるレイクです。まさか自分がそこを利用するとは思ってもみませんでしたが、思い立ったが吉日で早速ネットで申し込みをしました。

不安定な職に就いているわけでもないので、審査はあっさりと通りました。申込額は、多めに見積もって30万円です。融資までにはある程度時間がかかると踏んでいたのですが、案に相違して、30万円はすぐに口座に振り込まれました。

こうなればもう、行動を起こすしかありません。その日の内に不動産屋に行き、解約の手続きを進め、違う不動産屋で、次の物件探しに着手しました。事故物件かそうでないかを熱心に問いただしたので、相手からしてみれば奇妙な客だったと思います。

キャッシングした30万円を使って、それから数日後には引っ越しが完了しました。無理して有給を取り、一気に行程を進めたのです。即日融資でなければ、ここまでの迅速行動は取れなかったでしょう。

ちょっと、いやかなり痛い出費でしたが、身の安全を考えれば、それも致し方ありません。あまり物欲がないので、月に返せる借金も自然、多くなり、完済までにはさほど時間がかからないでしょう。

しかし、また一つ問題が。どうやら、憑いていたのは家にではなかったようなのです。引っ越したおかげで気付けたのでそれはそれで良いのですが、今度は不動産屋ではなく、お祓いをしてくれる神社に顔を出すことになりそうです。