生活費のために借り入れをして、利息だけを返済する日々に陥った話

利息だけを返済する日々

私は40歳バツイチです。
社会人と高校生になる息子がいて、職業はパートです。

私が初めて銀行カードローンを利用したのは、子供が中学に入学するときに借りました。中学入学の必需品の準備の為です。

私はその頃仕事が安定していなく月に8万円ほどの収入しかありませんでした。貯金もなく毎月の生活すら困難な状況で、母親も昔は働いて生活を助けてくれていましたが、仕事も辞めて私1人の収入ではとても無理でした。

じぶん銀行のカードローンと三菱東京UFJ銀行から借り入れしました。その時は今とは違い規制が厳しくなかった為、収入の少ない私でも借り入れすることが出来ました。

カードローンを利用するのは実際本当に嫌で、借りなくても良いものなら借り入れはしたくなかったです。でも誰にも頼ることが出来ず結局は借り入れの道を選びました。

職場に電話確認すると言われたときは職場の人に知られてしまうかも…と思い、すごく不安だったのを覚えています。

結局、個人名で仕事場に在籍確認の電話が来ても、電話の雰囲気でだいたいは分かります。仕事場にも行きにくい感じでした。でもカードローンの融資を受けるしか、道しかないのだからと必死に我慢。

実際に融資を受けてみて感じたこと

借りてみてすごくその時は助かりました。そのお金がないと何も準備してあげることが出来なかったので。
でもその後の毎月の支払いが大変…その時は良かれと思った行動が後々後悔です。

毎月払っても利息にばかりお金が返済され元金は本当の少しです。いつになったら終わるのかと言うほどです。でも結局今も借ては返して借りては返しての繰り返しをしています。

長男にお金があまりかからなくなると、次は下の子にお金がかかどうしても自分の働いた給料では足りなく結局同じことの繰り返しです。上の子は社会人になりましたが、それまでにかかったお金や今は下の子にお金がかかるので生活は全く楽にはなりません。

暫くすると融資可能額が増えた

カードローンの方も延滞がなかったので少し増額になりこれもまた、その時は助かりましたが、今は本当に先が見えない生活をしています。なぜもっと早くからきちんと貯金をしておかなかったのだろう…と、とても今は悔やんでいます。

今40歳でまだ今でも借りては返しての生活なので、いつになったら終わるんだろうという不安でいっぱいです。今はとにかく節約生活に取り組んでいます。少しでもカードローンの方に多くか返して早く終わらせるようにです。

その分我慢しないといけないことがたくさん増えましたが、それは私が選んでしまった道だから仕方ないのかと思って自分に言い聞かせています。それでもやはり毎月少しでも使えるお金がないことは、働いていて楽しみがなく何度心が折れたか分かりません。でも私は今45歳までには必ず終わらせるという目標に向かって毎日何とか気力だけで頑張っています。

もう二度とカードローンの申込はしない

借金がない生活はどんなものなのか、気持ちはどんなに楽になるのか今は想像もできませんが、でもきっと毎日が充実しているんだろうなと思っています。もう2度と同じことは繰り返しません。今はなるべく返すだけにして借りないことをまず目標に毎月生活しています。

早くカードローンの利息だけを支払う毎日ら解放されたいです。

そして今まで苦労してきたことは間違いではなかったと自分で確信したいです。でも今回は子供の為なので親の私の役目でもありました。本当は自分給料や貯金で何とかしたかったです。

これからは自分のお金できちんとやりくりできる生活を目指します。そして子供達にはどんなことがあっても私と同じことはして欲しくないです。簡単に借り入れできるもの程怖いものはないです。

自分を苦しめるだけでなく精神的にもかなり追いつめられる事。
その怖さだけは経験している人にしか分からないことですが絶対にお勧めしません。