投資のお金を借りるために銀行カードローンを利用した話

ご自身の年齢、家族構成、職業など

32歳 男性 独身 一人暮らし 会社員 年収360万円

いつ借りたのか?

4年前の28歳の頃 三井住友銀行カードローン

なぜお金を借りたのか?

当時、株価指数オプション取引といった投機性の高い投資を行っていました。この取引の特徴は、平たく言えば証拠金を積んで、株価が権利最終日に決まった株価水準以下になっていなければ、あらかじめその時のタイミングで市場において売買されていたオプション料が入ってくるといった類の投資です。

取引の特徴として面白いのは設定株価水準に近づけば近づくほど、証拠金を積んでいかなければいけないのです。証拠金を積まなければ反対売買が行われて、損失が確定してしまいます。証拠金が確定するのは、その日の場引け後ですので、それまではどの位資金に余裕を持たせていればいいのかわかりません。

そこで、お守りがてらの面も考えて、余裕があるうちから三井住友銀行カードローンの枠を申し込んでおきました。

なぜそのカードローンを選んだのか?

大手銀行でブランドもあり、三井住友銀行とは昔から銀行口座を持っていなかったからです。カードローンを利用した履歴は、指定信用情報機関からは5年で消えても、利用した銀行の行内システムには残り続けるといった話を聞いた事がありますから。

借りる時にどういう心境だったか

最初は他に借入がないから、大丈夫かなって思ったのですが、ホームページから申し込んだとき使途目的を選択する部分で悩みます。選択肢は「ギャンブル目的」になるのかな、とか、正直に『投機目的です』とかいっていいものなのかと色々と考えてしまいました。

悩んだ結果、正直に投機目的ですと申告はやめるとして、どんな理由を考えればいいのかなと考察しました。
150万円ほどの枠を貰いたいのですが、「生活費」に150万円もくれそうにないし、「交際費」はどんな交際だって言われそうですし、いい理由を思い付きません。

悩んだ結果、『冠婚葬祭費』にすることにしました。理由は、これから結婚の話が出てきていて、結納や顔合わせ、式場選びなどでお金がかかる。カードローンで大きな枠を作っておきたいにしておきました。

借りてみてどう思ったか

申し込んでから、電話チェックがかかってきてヒアリングをされましたが、想定していた受け答えをすれば特に不振がられる事も無くパスする事が出来ました。

丁寧に『ご結婚おめでとうございます。結婚式はお金かかりますよね』と女性オペレーターも祝ってもらいました。枠は希望通りに150万円を貰うことができ、その後、しばらくして相場が大きく動いた時に、最大で100万円と少しの借り入れをおこないました。

金利は12%が適用され、私の学生時代に借金した時の記憶では、金利は29.2%から随分と安くなったのだなと驚きました。

三井住友銀行カードローンの何が便利かというと、カードローンで簡単にコンビニATM等からお金を引き出すことが出来ますので、まるで自分のお金を引き出しているような感覚に陥るようでした。
返済もコンビニATMからできますので、証拠金に余裕が出来たら証券会社からお金を引出し、ちょこちょこと返済していくことが出来ます。

審査についてははホームページに書かれているような30分で終わるという事は無く、私の場合は繁盛期に申し込んだせいという事もあり3日間ほどかかりました。これから申し込みを検討している人はある程度、日数に余裕があるときに申し込んだ方がいいと思います。

今、その借入はどうなったのか

実はその後、投機性の高い取引でしたので、相場が思惑と逆に大きく動いてしまい、大負けしてしまいましたのでポジションを維持することが出来ないで終了しました。損失は大きく出ましたが、借入資金を返せるくらいは残っていましたので、一度完済をしました。

完済をした後は、カードローンの枠はそのままにしています。また、貯金が溜まって、もう一度相場の世界に戻るときに利用してみたいと思います。